news & info

2017年最初の、そして念願の大舞台での展示をお知らせいたします。
この春開催の、札幌芸術の森美術館の企画展シリーズ「札幌美術展」に出展することとなりました。

「札幌美術展」は長年にわたり札幌市民ギャラリー~札幌芸術の森美術館にて継続開催されてきた企画展で、毎回異なるテーマや切り口で札幌・北海道に縁のある作家により構成されるシリーズです(この一環として3月26日(日)まで柿崎煕(かきざき・ひろし)さんの個展「森の奥底」が開催されました)。
今回のタイトル、そしてテーマは『旅は目的地につくまでがおもしろい。』。旅の途中、行程をモチーフとした作品や創作活動をしている8組の作家が紹介されます。その中の一人として、ウリュウも参加させていただくこととなりました。
私は一昨年から制作し続けている最新シリーズで、昨年11月の「アートフェア札幌2016」で一部を初めて発表した『窓 -Layered Journey-』を大きく展開いたします。

以下、プレスリリースの中のステートメントをご紹介いたします。

 旅の面白さはどこにあるのでしょう。定住する地を離れ、行き先の土地ならではの観光や食を楽しみ、その土地に滞在し、見知らぬものに触れる、もちろんこうしたことが旅の目的かもしれません。しかし一方で、目的地に着いてからの行為ではなく、そこに行くまでの旅支度や地元を離れ移動する道中など、その過程にも旅の醍醐味があるのではないでしょうか。
 日常を離れ、知らないどこかに行くということへの期待と少しの不安が入り交じる、その感情の揺れ動きは、むしろ目的地に着いてからよりも、その前段階でのほうが大きいかもしれません。
 本展では旅のこうした部分に焦点をあて、「旅の行程」を想わせる様々な作品を展示、紹介します。
 移動の拠点となる駅や空港、また移動手段となる電車や飛行機、船はその先の行路への期待を膨らませます。自分が移動するだけでなく、他の誰かが移動する様、その行く末を見守ることもまた、期待と不安という同種の想いを抱かせるかもしれません。そしてこうした想いは、本を読み進めるかのような物語性や、先行きの分からないゲーム性と呼応し、旅に伴う一つの要素となることでしょう。
 北海道ゆかりの作家8名による、様々な「旅」の表現をお楽しみください。

「札幌美術展」は、私自身も2003年の来札以来ずっと見続けてきたシリーズです。また、同館で以前開催されていたシリーズ「北の創造者たち」も含め、私の好きな作家さん、先輩や同世代の作家さんも数多くその名と作品を刻んできました。
なにより、札幌の現代美術を象徴する空間の一つである札幌芸術の森美術館という場で私の作品を作り、ご覧いただくということは、この地に活動の場を持って以来の念願でした。「旅」という不変のテーマを掲げ作り続けている私にとって、これほど光栄なことはありません。
皆さまと共に素敵な旅を愉しみたいと思います。どうぞ、ご期待ください。

■札幌美術展『旅は目的地につくまでがおもしろい。』
会期……2017年4月8日(土)〜5月28日(日) 48日間 09:45~17:00 休館日……4月の月曜日(3・10・17・24日)
会場……札幌芸術の森美術館
札幌市南区芸術の森2-75
でんわ 011-591-0090
http://artpark.or.jp/

出展作家……シミー書房さん(新明史子さん・岡部 亮さん)/仙庭宣之さん/新見亜矢子さん/ニール・ハートマンさん/藤木正則さん/藤倉英幸さん/米澤卓也さん/ウリュウ ユウキ

観覧料……一般 700(20名以上の団体 560)円、大学・高校生 350(280)円、中学・小学生 150(120)円 小学生未満無料
*「広報さっぽろ」4月号に割引券が付いています。札幌市内各所のギャラリー等でも配布中です
主催……札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社
後援……北海道、札幌市、札幌市教育委員会

アクセス……
●地下鉄・バス 地下鉄南北線[N]真駒内駅(N16)下車、バス2番のりばより中央バスで約14分 「芸術の森入口」下車
*日中15分おき運行 2番のりばのバスは全て「芸術の森入口」を通ります
*地下鉄からの乗継割引乗車券が適用になりますが、紙券の方はバス降車時に所定の差額をお支払いください。ICカードの方は自動的に適用されます
中央バス時刻表 >>
【真駒内駅2番のりば→芸術の森入口】http://www.bustei.com/timetable/index/2998/2306
【芸術の森入口→真駒内駅】http://www.bustei.com/timetable/index/2306/2998

●お車 国道453号線を支笏湖方面に南下 札幌市内中心部より約30分
*駐車場……1回につき普通車500円/大型車1,200円

会期中の催し……
●【ご参加ありがとうございました】アーティスト・トーク「藤倉英幸~旅と風景を語り、貼り絵を語る」
出品作家の藤倉英幸さん(JR北海道車内誌の表紙でも長年おなじみの方です)が、作品制作と、旅の思い出について語ります。
日時:4月15日(土) 14時~15時
料金:無料
会場:美術館エントランスロビー
●【ご参加ありがとうございました】ギャラリー・トーク
学芸員が展示室をめぐりながら、作品について解説します。
日時:4月22日(土) 14時~14時40分
料金:無料(当日有効の観覧券が必要です)

*館内エントランス横のミュージアムショップにて、出展作品から6種類のポストカード(各1枚216円)を販売しております。
ご来場の折には、合わせてぜひご覧ください。

*その他詳細のお知らせは、美術館のWebサイトでご覧ください。私のWebサイトとTwitter、Facebookでも随時ご案内いたします。

美術館Webサイト内 本展のお知らせ >> https://artpark.or.jp/tenrankai-event/tabi/

Share on Facebook89Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone




Loading