news & info

6月28日(金)から7月21日(日)まで、函館とその周辺で約一ヶ月にわたり開催される「はこだてトリエンナーレ2019 -みなみ北海道を旅する芸術祭-」に参加することとなりました。

「はこだてトリエンナーレ」は、2009年に「アートフェス・ハコトリ」の名称で始まり、以降2012年、2016年及び2017年とほぼ3年おきに開催されてきた、函館と道南の市民有志を中心に作られている芸術祭です。
函館の開港150周年を機に始まったこの芸術祭は「旅」をその大きなテーマとしており、2016年には北海道新幹線と道南いさりび鉄道線の開業を、また翌年には両線の1周年を記念して開催されました。
参加作家は道南在住や出身などゆかりのある方や、作品やテーマが当地につながる方で構成されており、旅を主軸にした人と人の交流を、函館エリアに点在する会場での展示や多彩なイベントで行ってきました。
今回は開港160周年及び北海道新幹線と道南いさりび鉄道線の開業3周年を記念し、函館市内から道南いさりび鉄道線沿いに北斗市・木古内町に至るエリアを会場として、約30人の作家が参加して開催されます。
ギャラリーや公共施設だけでなく、駅や車両も「はこトリ」の舞台となり、絵画、彫刻、写真、木工、アニメーション、音楽やダンスなどの多彩なプログラムが展開されます。

ウリュウは、ともに写真作家であり、2007年に2人展「Railway Story」(於・札幌市写真ライブラリー)を開催した、衣斐隆(えび・たかし)さんとともに本展に参加いたします。
私たちの展示会場は、函館山の麓・十字街にある「函館市地域交流まちづくりセンター」(旧・丸井今井函館店)と、道南いさりび鉄道の茂辺地駅(北斗市)近くにある「北斗星広場」に保存されている寝台特急「北斗星」の客車内の2箇所です(こちらではさらに、写真作家の上原稔(うえはら・みのる)さんをを加え、3名で展示いたします)。我々に共通するテーマにぴったりの空間で展示いたします。
開催まで随時、情報をお伝えしてまいりますので、ぜひご注目いただくとともに、6月末から7月という北海道の最も爽やかな季節、ぜひ函館・道南へ足をお運びいただければ幸いです。

また「はこトリ」では、開催を様々な形で支えていただければと思っております。
サポートグッズとして”旅のお守り”の硬券きっぷ(券面デザインはウリュウが担当しています)とポストカードを頒布しているほか(一組1,000円/「はこトリ」会場及びご支援店舗、ウェブサイトで販売)、クラウドファンディングも開始しています(3,000円から)。会期中を中心としたボランティアスタッフも募集しています。
函館・道南から発信する、すでに10年の歴史を重ねている芸術祭を、ぜひ全道や全国の皆さまにも知っていただき、ご支援、そして会期にはご来場いただければ幸いです。

■はこだてトリエンナーレ2019 -みなみ北海道を旅する芸術祭-
会期:2019年6月28日(金)~7月21日(日)
会場:北海道函館市・北斗市・木古内町 約15箇所のギャラリー・公共施設及び道南いさりび鉄道主要駅・車内
 *ウリュウの展示会場
 ●函館市地域交流まちづくりセンター
 函館市末広町4番19号 市電十字街電停より徒歩1分 9:00~21:00 会期中無休
 ●北斗星広場
 北斗市茂辺地3-3-16 道南いさりび鉄道茂辺地駅より徒歩5分 土・日・祝の9:30~15:30(予定)
参加作家:絵画、彫刻、写真、木工、アニメーション、音楽やダンスなど 約30人(詳しくは公式サイトをご覧ください)
料金:ウリュウの展示会場は入場無料/一部イベントは有料(上記のように皆さまからのご支援をお待ちしています)

公式ウェブサイト >> http://shinhakodate.com/2019/
Facebook >> https://www.facebook.com/hakotori/
Twitter >> https://twitter.com/hakotori_art
Instagram >> https://www.instagram.com/hakotori.art



archives



Loading